産み分け可能な病院と、その方法

投稿日:

子供は授かりものとはいえ、希望の性別がある方もいることでしょう。

昨今は、そうした方に向けて科学的な根拠に基づいた技術を用いて、産み分けする治療や指導を行っている病院も少なくありません。

ただし、どこの病院でもそうした治療が受けられるわけではありませんので、事前に調べておく必要がありますし、産み分けの治療は、基本的に保険適用外となりますので費用面も考えておかなければいけません。

費用は産み分けにどのような方法を使うのかによって異なりますが、まず最も一般的なのが産み分けゼリーを用いた方法です。

これは性行為の直前に使用することで、希望の性別の赤ちゃんを授かりやすくするというもので、男の子が欲しい場合はY染色体の精子が有利になるように膣をアルカリ性にするグリーンゼリー、女の子が欲しい場合はX染色体の精子が有利になるように膣を酸性にするピンクゼリーを使います。
費用相場はゼリー7本入りで1箱1~2万円程度となっています。

次に最近、行われるようになったのが女の子を希望する方向けのパーコール法です。この方法は、精子を遠心分離器にかけて、Y染色体とX染色体に分け、そのうちX染色体を人工授精させることで女の子を授かる確率を高めていきます。この方法は1回につき、人工授精を含めて2~5万円程度が相場となっています。

また不妊治療を行っている患者にした適用しないという病院もあるため、事前の問い合わせが必要となります。
次に最も高い確率で産み分けができる方法として体外受精が挙げられます。

一般的には不妊治療で用いられる方法ですが、X染色体とY染色体が正しく見分けたうえで受精させることができるため、希望の性別の赤ちゃんを妊娠する確率は90%と高確率となっています。

ただし、1回につき20万円前後の費用がかかるうえに、人工授精は一度では妊娠することが難しいため、金銭的な負担が大きくなることがあります。

最後はタイミング法です。これはできるだけ自然に希望の性別の赤ちゃんを産みたいという方に最適な方法で、超音波検査を用いて正確に排卵日を予測することで希望の性別の赤ちゃんを妊娠しやすくするといった方法です。

希望すれば、ほとんどの病院で行われており、場合によっては保険適用されることもあるため、費用相場は問診から検査などを含めて2000円~20000円程度となっています。

このように希望の性別の赤ちゃんを授かるための方法はいくつかありますが、その治療が行われているかどうかは病院によって違いますので事前に確認したうえで、夫婦で話し合って予算に合った方法を選ぶようにしましょう。

産み分けで、女の子が欲しい方に、ご家庭で実践できる、お勧めのピンクゼリーは

-産み分け
-,

Copyright© 産み分けゼリー購入は、この通販 , 2020 AllRights Reserved.