産み分けで女の子が欲しいなら。。

投稿日:

赤ちゃんを授かると通常は7ヶ月頃まで男の子か女の子か分かりません。
それが楽しみの一つでもありますが、上の子は男の子ばかりだから女の子が欲しいという方もいれば、初めから女の子が欲しいと考える方もいます。

しかし、実際は授かってみないと分からないと考える方が多くいますが、実は夫婦で協力することで産み分けができます。

まず、どうやって性別が分かれるのかというと、染色体が関係しています。人の染色体は23組、計46本存在しています。そして22組は男女共に同じなのですが、最後の23組目の染色体がXYとなると男性に、XXとなると女性になるのです。

そして元々女性にはXの染色体しか存在しません。そのため、赤ちゃんが男の子になるのか女の子になるのかは男性側の精子によって決まるのです。男性の精子にはX精子とY精子があり、女の子を生むためにはX精子と卵子が受精することが必要なのです。

X精子とY精子は性質が異なります。それを利用して受胎をするようにすることで産み分けをすることは可能です。まず、X精子は酸性に強く、寿命は2、3日程度です。

それに比べてY精子はアルカリ性に強く、寿命は1日です。そして女性の膣内は通常は雑菌の侵入を防ぐために酸性となっており、子宮内はアルカリ性です。

しかし、排卵日は膣内が酸性になります。そのためX精子を受精させるためには排卵日を避け、膣内が酸性の時に受胎するようにすると産み分けをすることができるのです。

では、具体的にどうすればいいのかというと排卵日を特定することです。排卵日は基礎体温が低下します。そのため、普段から基礎体温を計測しておくと排卵日が分かりやすいのですが、測定していない方は分かりづらく、体温のバラツキが生じることもあるのであらかじめ数ヶ月前から計測しておくことをおすすめします。また、それでも分かりづらい場合は市販の排卵日検査薬でもチェックすることができます。また、男性側も体内で古い精子が貯まらないようにしなくてはいけません。

X精子は元々動きが鈍く、数も少ないのでY精子が増えてしまうとなかなか受精することができません。そのため産み分け予定日の1週間前に2度射精をしておくことをおすすめします。また、サポートとして膣内を酸性にすることができる潤滑ゼリーを利用すると、さらにX精子が受精しやすくなります。
このようにあらかじめ準備をすることで、どちらか産み分けることができます。

-産み分け
-, , ,

Copyright© 産み分けゼリー購入は、この通販 , 2020 AllRights Reserved.