産み分けで男の子が欲しいなら。。

投稿日:

妊娠し新たに母体から誕生してくる男女比は常に50%でキープされている上に、健康であればどちらが生まれてきても構わないものですが、本音としては跡取りのために男の子が欲しいと考えている方は多いです。

こうした気持ちが芽生えた時に頭に浮かぶのは産み分けという言葉であり、多くの方々にとって2人目以降のお子さんで特に強く意識する傾向があります。
具体的な心情は個々により違いがあるものの、全ての夫婦に共通している事柄は2人が協力しないことには理想的な結果には繋がらないということです。

ただし、産み分けを意識し方法を実行する前に強く念頭に置いておく必要があるのは、確実に成功させられる方法は存在しない上に高くても70%から80%の成功率であるという点です。
指導して頂ける施設や専門家の助言を受けると若干確率が高められるものの、100%という事は有り得ずどういった結果になったとしても可愛い我が子であることには間違いないという認識を持っておくことです。
そうした事実を根底に置いておき、産み分けをして男の子を授かるのなら染色体に意識を向けるのが重要になります。
実は性別を左右するのは染色体が関与しており、酸性やアルカリ性といった性質と混じり合うことで男の子もしくは女の子が決定されるのです。

そのような仕組みを知り行うべきなのはタイミングを見計らってスキンシップを行っていくというもので、男の子のためには女性が一ヶ月に一度程度見舞われる特有の症状が発生している時に実行すべきです。
そして、パートナー同士でスキンシップを楽しんでいる時は男性のみが満足するのではなく、女性が優位になっている必要性があります。
女性側が心地良さを感じている時はデリケートな部位や分泌されるものがアルカリ性に変化するので、男性を授かるための染色体にとって有利な状況になるのです。

そのため、産み分けを意識し過ぎたり子を授かるための義務といった意識を持つことなく、愛を確かめ合うような濃密な時間を過ごすことを念頭に置きましょう。
また、研究の結果部位によっても性質に違いが生じていることが判明しているので、できるだけ奥深い位置でキープするのも忘れてはいけない事実です。

しかし、生まれつき一般的な体質よりもアルカリ性の度合いが強いのなら、心理面やタイミングでは補うことが難しいケースもあるので、体内に使っても健康上不安が無いゼリーなどを活用してみるのも良いです。

-産み分けゼリー
-,

Copyright© 産み分けゼリー購入は、この通販 , 2020 AllRights Reserved.