産み分けで女の子を希望する場合

更新日:

産み分けで女の子を希望する場合にすると良いことをまとめてみました。

【性交を排卵日の2日前に行う】
女の子ができるX精子は酸性に強くアルカリ性に弱いので、膣内がアルカリ性に最も寄ってしまう排卵日を避け、2日前に性交を行います。X精子は寿命が2~3日と長いため、排卵日まで生き残っている可能性が高いです。

【濃厚な性交は避ける】
女性が気持ちよくなりオーガズムを感じると、膣内がアルカリ性に寄ってしまいます。X精子はアルカリ性に弱いため、濃厚な性交は避け、挿入時間も短めにしましょう。

【精子の量を減らす】
3日に1回は射精して精子の量を減らしましょう。精子の量が少なければ、Y精子は寿命が短いため生き残る可能性が低くなります。X精子が卵子に着床しやすいよう、Y精子の量を少しでも減らしましょう。

【クランベリーサプリを摂る】
クランベリーは、利尿作用や殺菌作用、解熱作用があるといわれており、ビタミンCが豊富なほか、プロアントシアニジンやキナ酸というポリフェノールも多く含まれています。これらは酸性物質なので、クランベリーには膣内も酸性に寄せる働きがあるのではないかといわれています。科学的な根拠はありませんが、アメリカではクランベリーサプリを摂っていると女の子ができやすいといわれているようです。科学的根拠はないので、摂るなら気休め程度と思っていたほうがいいかもしれませんね。

【ピンクゼリーを使う】
性交の前に、膣内を酸性に保つゼリー(ピンクゼリー)を膣内に入れる方法です。ピンクゼリーは、国産で安心の成分でつくられていて、これまでピンクゼリーを使って副作用などの問題が起きたという報告は1件もないので、安心して使うことができます。

これらのこと全てを完璧に行ったとしても、100%女の子ができるわけではありません。
産み分けが成功する確率は、70~80%といわれています。

-産み分け
-,

Copyright© 産み分けゼリー購入は、この通販 , 2019 AllRights Reserved.