産み分けとは?

投稿日:

産み分けとは?

赤ちゃんの性別は、妊娠がわかった段階で決まっています。
赤ちゃんが希望の性別で産まれるように、妊娠前に行うのが産み分けです。
では産み分けとは、具体的にはどのようなことなのか? 調べてみました!

性別を分ける染色体には、X染色体とY染色体の2種類があります。
卵子にはX染色体しかなく、精子の頭の部分にX染色体かY染色体のどちらかが入っていて、それが卵子に着床することで性別が決まります。

男の子になるのはY精子、女の子になるのはX精子であり、XY染色体=男の子、XX染色体=女の子。。。となります。

Y精子には、X精子の約2倍の数があること、軽く動きが速い、アルカリ性に強く酸性に弱い、寿命が約1日と短い、などの特徴があります。
X精子には、Y精子より数が少ない、重く動きが遅い、酸性に強くアルカリ性に弱い、寿命が2~3日と長い、などの特徴があります。

女性の膣の入口は、強い酸性に保たれています。
これは、病原菌や雑菌の侵入を防ぐためです。
酸性度は周期的に変化していて、排卵日が最も酸性度が低くなります。
子宮は通常、アルカリ性に保たれていますが、排卵日が近くなるとアルカリ性の粘液が排出されて膣内が中和されます。

このような特徴から、排卵日はアルカリ性に強いY精子が優位となり、排卵日以外はX精子が優位となります。
つまり、男の子を希望する場合は排卵日に、女の子を希望する場合は排卵日以外に着床することが望ましいといえます。

産み分けを行うには、排卵日が大切になってくるようですね。

産み分けとは、女性の体内の酸性、アルカリ性を調整して精子をコントロールすることで、希望する性別となるようにするのです。

産み分けのメリットとしては、理想の家族設計ができるということ、デメリットとしては、妊娠する確率が低くなることです。
そのため、35歳以上の方や不妊治療を行っている方は、産み分けはあまりおすすめできません。

-産み分け
-

Copyright© 産み分けゼリー購入は、この通販 , 2019 AllRights Reserved.