産み分けゼリーの使い方について

更新日:

産み分けゼリーの使い方についてですが、産み分けゼリーには何種類かあり、使い方も違ってきます。

たとえば、産婦人科が運営しているサイトで購入できる「ピンクゼリー・グリーンゼリー」。
このゼリーは、約5回分が一つのパッケージになっていて、使う際に湯煎して溶かさなくてはいけません。
約45~50℃のお湯で容器ごと温め、ゼリーが液状になったら、付属の注射器に1回分(約3~4cc)を入れ、膣内にゼリーを注入します。
残りのゼリーは直射日光を避けて常温で保存します。注射器は熱湯で洗って保管します。

このピンクゼリー・グリーンゼリーは、湯煎しなければいけないこと、注射器は何度も使うことになるので衛生的に心配なことなど、気になる点はあります。
これと比較すると、簡単に使える産み分けゼリーが「ベイビーサポート」「ハローベビー」そしてジュンビーの「ピンクゼリー」です。
これらの産み分けゼリーは、1回分ずつ使い切りの個包装になっていて、湯煎の必要もなく、使い方も簡単です。
1回分を袋から取り出し、先端のキャップを取り、容器の先端から5~8cmくらいを膣に挿入し、ピストンを押し出しゼリーを注入します。
生理時にタンポンを使用したことのある女性の方なら、使いやすいと思います。

産み分けゼリーも、何度も使うことを考えると、手軽に使える方がいいですね。

-産み分けゼリー
-

Copyright© 産み分けゼリー購入は、この通販 , 2019 AllRights Reserved.