産み分けで男の子を希望する場合

投稿日:

産み分けで男の子を希望する場合にすると良いことをまとめてみました。

【性交を排卵日に行う】
酸性度が強い膣内は、排卵日に最も酸性度が低くなるため、アルカリ性に強く酸性に弱い、男の子になるY精子が優位に立ちます。Y精子の寿命は約1日と短いため、排卵日に性交を行うのがおすすめです。

【女性が気持ちよくなる濃厚な性交】
女性が気持ちよくなる濃厚な性交により、オーガズムを感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌され、膣内がアルカリ性にかたむくため、Y精子が優位になります。

【挿入はなるべく奥深くまで】
Y精子は酸性に弱いため膣内に触れさせないよう、男性器の挿入はなるべく奥深くまでにし、精子が子宮まで移動しやすくします。子宮近くはアルカリ性の支給頚管粘液が分泌されているので、Y精子が活発に動くことができます。

【精子の量を増やすために禁欲する】
Y精子の寿命は約1日と短いので、精子の量を増やすために3~5日ほど禁欲するといいでしょう。しかし、5日以上の禁欲は精子の貯蔵期間が長くなり受精能力が落ちてしまうので注意しましょう。

【リン酸カルシウムを服用する】
リン酸カルシウムは、微量の鉄分を含んだ栄養補助食品で、赤ちゃんの先天性異常の予防サプリとしても使われていました。リン酸カルシウムを服用していた女性の赤ちゃんは、ほとんどが男の子で健康だったといわれ、2ヶ月以上服用し続けるといいようです。

【産み分けゼリーを使う】
性交前に膣内をアルカリ性に保つゼリーを使う方法もあります。
女性の体内に使うものなので不安に思う方もいるようですが、国産で天然成分を使ったゼリーもありますので安心です。

これらのこと全てを完璧に行ったとしても、100%男の子ができるわけではありません。
産み分けが成功する確率は、70~80%といわれています。

-産み分け
-,

Copyright© 産み分けゼリー購入は、この通販 , 2019 AllRights Reserved.